仮称で虐められ続けた学生時代からの立て直し

こちらにはオモシロあだ名があります。
こちらは学生時代、何故か「塩分かす」と呼ばれていました。
理由は些細な事で、小学校のら級友と好きなディナーの談話になった事、こちらは
「鯖の塩焼きが好み」
と答えたことが原因です。
当時、私の周りにいた級友は「肉好み派」が「魚好み派」を上回ってあり、
肉好み派にとって「魚が好きな人はダサイ」というイメージがあったようなのです。
それで、こちらはこの時後々、研修の肉好み派から「魚の塩焼き好みのカス(塵)」の意味で
「塩分かす」と呼ばれることになりました。
災禍だったのは肉好み派からだけでなく、仲間か悪くても中立派であると思っていた級友たちからも
塩分かす呼ばわりされたのです。結論、担任までがその悪乗りに便乗して私のことを「塩分かすさん」と叫ぶ始末。

その結果、こちらはそのあだ名が確定した小学4階級からハイスクール習得までの9通年、塩分かすとして蔑まれ続けました。
そういう生活に嫌悪が差したこちらは、ハイスクール習得と共に故郷をかなぐり捨て、新天地(要するに他府県)のカレッジに進学しました。
そこでこちらは、仮称ニックネームを名乗り(無論生徒証や格好レターは本名ですが)、初々しい姓名と新しいあだ名で再出発したのです。

今ではその姓名が定着し、漸く自分の暮らしを取り戻せたと思っています。http://clothingstorebuyer.com/